体幹トレーニングのメニューのひとつである「プランク・ニートゥーエルボー」。

自宅で自重でも手軽に行える自重トレーニングです。

今回はこのプランク・ニートゥーエルボーのやり方を動画とともに解説致します。


【プランク・ニートゥーエルボーとは】

ニートゥーエルボーとは、その名のとおり膝をひじに持ってくる動きを指します。

プランクとは「体幹トレーニングの王様」とも言われているメニューで、

お腹を下に向けた状態で頭から足まで一直線になるだけですが、重力に逆らうため、自然とお腹に効きます。

そのプランクの応用であるプランク・ニートゥーエルボーは、

お尻の深層部の外旋筋群、脇腹など体幹部全体に効果があります。


【プランク・ニートゥーエルボーのやり方】

1.肘を曲げて前腕を床に付いた姿勢でキープします。

 肩の下に肘がくるようにし、体は真っ直ぐにしたままキープします。(通常のプランクの体勢)

2.プランクの状態から、膝を外に開きながら肘付近に引き寄せ、脚を元の場所に戻します。

3.反対側の脚も同じ動作を行います。

4.この動作を繰り返し行います。


【プランク・ニートゥーエルボーのポイント】

1.体がブレないようにしっかりと体幹を意識する。

 左右にぶらつくとトレーニングの効果が弱まってしまいます。

 しっかりと同じ体勢をキープしましょう。

2.脚を動かすのではなく、付け根を引っ張るようなイメージで行う

 脚だけを肘まで持ってこようとすると、不安定になり体がブレやすくなります。

 脚の付け根を動かすようなイメージで行うことで安定した動作になりやすいです。


【まとめ】

今回は右膝を右肘に寄せるメニューとしてご紹介しましたが、

同じプランク・ニートゥーエルボーでも、右膝を左肘に持ってくるというパターンもあります。

その場合は腹直筋や腹斜筋といった腹筋のメニューに変わります。

プランクメニューは腕や脚の使い方で、鍛えられる部位が変わるとても万能なメニューで、

そこが「体幹トレーニングの王様」と言われる所以です。

プランクは自分が寝転がれるくらいのスペースがあればいつでもどこでもできます。

簡単にできるのに体幹強化、姿勢改善、ダイエットなどといった効果は絶大!

皆さんも是非トレーニングメニューの一つに取り入れてみてくださいね!