腕立ての筋トレメニューのひとつである「リバースプッシュアップ」。

自宅でも人ひとり分のスペースがあれば手軽に行えるトレーニングです。

今回はこのリバースプッシュアップのやり方を動画とともに解説致します。


【リバースプッシュアップとは】

リバースプッシュアップは、上腕三頭筋&三角筋を重点的に刺激できるトレーニングです。

上腕三頭筋は腕の筋肉の中で最も大きく、

ここをしっかりと鍛えることによって男らしくたくましい太い腕をつくることができます。

見栄えする筋肉でもあるので、ボディメイクという観点から見ても欠かせない部位です。


【リバースプッシュアップのやり方】

1.トレーニングベンチやイスに座り、両手をお尻の横につきます。

2.お尻を浮かせ、脚を前に伸ばした状態で、セットポジションをつくります。この時、肘もまっすぐ伸ばすようにしましょう。

3.肘を曲げながら体勢を降ろしていきます。

4.降ろせるところまでいったら肘を伸ばしていき、体を持ち上げ元の姿勢に戻ります。

5.この動作を繰り返し行います。


【リバースプッシュアップのポイント】

1.常に上腕三頭筋を意識する

 上腕三頭筋は腕を伸ばす動作に貢献しているので、特に体を持ち上げる動作の時に特に意識することが重要です。

2.姿勢を真っすぐに安定させる

 リバースプッシュアップは、背もたれを使わないため体勢が不安定になってしまいがちなトレーニングです。

 背筋をしっかりと伸ばし、体幹に力を入れて体勢をキープしながら行うことで、

 トレーニングの効果を最大限高めることができます。

3.常に真正面を向く

 上腕三頭筋に疲労が溜まると、ついつい下を向いてしまったり、顎が上がってしまいがちです。

 リバープッシュアップを行う時は、お尻の付け根から首筋までまっすぐ伸ばし、

 顎をしっかり引いてまっすぐ前を向いた状態でキープすることが重要です。

4.体を持ち上げるときに脚を使わない

 脚の力を使って体を持ち上げてしまうと、上腕三頭筋への負荷が弱まってしまいます。

 体を持ち上げるときは脚の力を使わず、上腕三頭筋でしっかり押すように意識してください。


【まとめ】

腕を鍛える上では力こぶの部分である上腕二頭筋を鍛えるイメージの方も多いかと思いますが、

上腕三頭筋は腕の筋肉で最も大きく、太くたくましい腕をつくりたいならリバースプッシュアップがおすすめです。

自重だけでも十分に高い効果が見込めますが、慣れてきたり、より負荷をかけたい場合は

太ももの部分に重りを置いて行うといいでしょう。

男らしさの象徴でもある太い腕をつくり上げるためにも、是非リバースプッシュアップをメニューに取り入れてみてください!