筋トレの前に大切な準備運動である「ストレッチ」。

ストレッチを行うことで以下の効果が得られます。


【ストレッチの効果】

■怪我の予防

急に身体に負荷をかけると筋繊維が切れてしまいます。

運動前は必ずストレッチで怪我を予防しましょう。

■疲れにくくなる

ストレッチをすることで疲れにくい、疲労回復をしやすい身体をつくることができます。

ストレッチでしっかりと血流を良くすることで、疲労回復の為の酸素や栄養素を循環させることができます。

■リラックスできる

ストレッチには副交感神経を優位にする働きがある為、リラックス効果が期待できます。


【ストレッチ1メニューの目安時間】

1メニュー20~30秒。

左右あるメニューに関しては右、左それぞれ20~30秒。


【ストレッチの注意点】

無理をしないこと。

伸びている場所を意識しながら行う。


今回は下半身に効くストレッチメニューをご紹介致します。


①股関節のストレッチ

地面に座り両足の裏をくっつけ、かかとを限界まで自分側に引き寄せます。

背筋を伸ばし、じっくりと関節が伸びるイメージをしながら行っていきましょう。

②太ももの裏のストレッチ

片足を伸ばし、爪先をタッチするようにします。

猫背にならずに、背筋を伸ばしながら行いましょう。

③太ももの前のストレッチ

上体は肘をついて片足を曲げ、曲げた足の方の伸びを感じましょう。

④お尻のストレッチ

ももの上に片足を乗せ、背筋を伸ばします。

⑤お尻のストレッチその2

足を組んで、膝を抱き抱えるようにストレッチをします。

背筋を伸ばしたまま行いましょう。

⑥腰からお尻にかけてのストレッチ

両方を床につけた状態でももを抱え、反対側に倒します。

顔の向きは倒した方向と逆方向に倒しましょう。

腰回りも伸びます。力を抜いて全身を床に預けましょう。

⑦脚の付け根のストレッチ

床に寝た状態でももをお腹に引き寄せます。

反対側の脚は脱力した状態で伸ばします。

お尻周り、股関節周りの伸びを意識しましょう。


今回は下半身のストレッチをご紹介致しました。

怪我の予防や疲れにくくなり、パフォーマンスを向上させることのできるストレッチ。

筋トレ前のメニューに取り入れていきましょう。

また、ストレッチに関しては、筋トレ後にも行うことを推奨します。

ストレッチをしないまま放置しておくと、乳酸が溜まりっぱなしの状態になり、ひどい筋肉痛が襲ってくる状態になります。

自分のためにも欠かさずに行いましょう。